TOP美顔器ほうれい線 > ほうれい線とは

ほうれい線とは

ほうれい線というのは、小鼻の両脇からそれぞれ口端に伸びる線のことを指します。ちょうど鼻を挟んで、顔の真ん中にハの字がある感じですね。線というのは、もちろんシワのことです。この部分のシワというのは、通常、話したり、笑ったりした時にもできます。もちろん子供でも赤ちゃんでも、表情によってはこの部分にシワというが線が浮かびます。しかし、子供や若い頃は、無表情になればスッと消えていき、この状態ではほうれい線とは呼ばないんですね。これが、無表情になっていても、線の跡がシワとなってできた場合…これがほうれい線となります。

もちろん、ほうれい線が出る年齢は人によって違いますが、30代、40代になって突然ほうれい線が出現するわけではありません。若い頃までは、このシワはまだ浅く、薄いため目立っていないだけで、肌には徐々に刻まれてきているのです。そしてある一定の年齢になると徐々にそのシワが深く、濃くなっていき、そして何も表情を変えなくてもくっきりと浮かんで目立つようになってくるのです。同じ年齢であっても、ほうれい線が出ている方もいれば、出ていない方もいますが、このほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢にかなり大きな影響を与えます。当然、ほうれい線があった方が老けて見えてしまうのです。一概には言えませんが、それでも5歳も見た目年齢が上がると言われています。5歳って大きいですよねぇ。本当は35歳なのに40歳に見られるのはショックです。やはり、表情がある時に出来るシワは構わなくても、無表情なのにまるで表情をつけているかのようなシワがいつの間にか出来ている…というのに初めて気づいた時は、落ち込むだろうなぁ…と思います。シミやくすみなどが肌に出来てもやはりショックですが、シワ…特にシワのなかでもほうれい線が出来てしまうのは、それ以上のショックを受けてしまう方が多いのではないでしょうか。

このほうれい線というのは、法令線や豊齢線と表記しますが、医学用語では鼻唇溝(びしんこう)となります。そして、法令線というのは、人相学で使用されているんですね。人相学で言うと、この法令線というのは、特に仕事面で吉相に位置づけられているのだそうです。ですから、決してこの位置にシワが出来るのは悪いことではないのですが、しかしやはり実年齢よりも老けて見られるのは嫌ですし、いくら人相学的に良いものでも、シワはシワですからね。

ほうれい線と筋肉

ほうれい線の予防には、まず頬の筋肉を鍛える必要があります。つまり、表情筋を鍛えるということですね。頬の筋肉は、笑顔を作る場合に使われる筋肉ですから、毎日笑うようにしたり、笑顔を心がけることで鍛えることができますよ。

笑いジワなどもあり、それを気にする方もいらっしゃるかと思いますが、笑顔を避けていると表情筋が衰えてしまい、肌のたるみが悪化してほうれい線も酷くなってしまいます。頬の筋肉を鍛えないほうが害が大きいんですよね。それに、笑いジワとほうれい線は違います。

ほうれい線は老けて見られますが、笑いジワで老けて見られることはそうないと思いますし、何より、見た目の印象も、笑いジワの方が好印象ですよ。また、表情筋を鍛えるマッサージやエクササイズを行うのも効果的です。お風呂で湯船に浸かっている時や、スキンケアのついでなどに、マッサージやエクササイズをするように習慣づけておくと、毎日行えるようになります。ただ、マッサージやエクササイズは、様々な種類がありますし、やり方を間違えてしまうと、かえって逆効果になることもありますので、慎重に行って下さい。エステティクサロンにて、プロの手でマッサージをしてもらうという方法もありますが、費用がかかってしまいます。

もし、エステティックサロンに通うことを考えているのであれば、一度、美顔器の購入を考えてみるのも良いかと思いますよ。美顔器は、自宅でも簡単に使用することができますし、扱い方も難しくありませんから、使用方法通りに行ってさえいれば、正しいマッサージを行うことができます。美顔器の価格は、種類によって幅がありますが、エステティックサロンへ通うことを考えるとリーズナブルではないかな、と思います。エステティックサロンも1度の施術でOKというわけでなく、何度か通う必要がありますしね。

それに、美顔器の場合は、マッサージだけでなく、他の肌ケアも兼ねていることが多いですから、+αの効果も期待できますよ。インターネット上には、美顔器の比較サイトやランキングサイトなどが多くありますから、それらのサイトを利用して、ほうれい線に効果のある美顔器を探してみてはいかがでしょうか。参考になると思いますよ。

ほうれい線と紫外線

紫外線を避けることも大切です。ほうれい線の原因でも挙げましたが、紫外線を浴びることで、肌に様々な弊害が起きます。ほうれい線やシワだけの問題ではなくなってきてしまいますから、日頃から紫外線には充分に注意して下さい。外出時に日焼け止めを塗るのは当たり前のことです。春や夏の紫外線の強い時期だけでなく、秋や冬でも紫外線は容赦なく降り注ぎます。

更に、晴れた日に限らず、曇りの日でも雨の日でも雪の日でも、紫外線は存在しますから、外出=日焼け止めは必須だと思っておいた方が良いと思いますよ。日焼け止めを選ぶ場合は、SPF値とPA値をチェックして下さい。SPF値というのは、紫外線B波(UV-B)を防ぐ指数を表しており、SPF値の数値が高ければ高いほど、紫外線を防ぐ効果が長いということを表しています(日本では、SPF50+が最大値となっています)

そしてPA値といのは、紫外線A波(UV-A)を防ぐ指数を表しており、+によって三段階で表されているのですが、+の数が多い方が高い日焼け止め効果を得ることができます。日焼け止めは、目的(日常生活・外出時・レジャー)と日焼けのタイプ(赤くなる・赤くなるし黒くもなる・黒くなる)によって使用するSPF値やPA値が違いますから、注意して下さい。

更に、外出時は、日焼け止めさえ塗ればOKというわけではありません。念には念を考えて、UVカット効果のあるサングラスをはめたり、日傘を利用するなどして、なるべく紫外線に触れないようにすることが大切です。また、日焼け止めを塗る場合は、一度にたくさん塗るのではなく、こまめに塗り直すことが大切ですよ。特に、外出時は頻繁に塗り直すことをオススメします。

そして、紫外線は、室内や車内にいても油断はできません。窓ガラスを通して肌に降り注ぎますので、例えば紫外線を通さないポリエステル素材や綿素材の洋服を着るとか、窓ガラスにUVカット効果のあるシートやフィルムを貼ったり、UVカットカーテンやUVカットサンシェードを利用するなどをして、紫外線の侵入を防いで下さい。車の窓ガラス用のUVカットシートやフィルムもありますから、車で出掛けることが多い方は使用してみてはいかがでしょうか。

ほうれい線と肌の乾燥

紫外線の理由と同様に、肌の乾燥にも充分に気をつけて下さい。保湿成分が配合されたスキンケア化粧品を使用することも大切ですが、正しい洗顔を行うことも重要です。意外に、間違った洗顔を行っている方が多く、その間違った洗顔方法が原因で、肌が乾燥してしまう方がとても多いのです。肌の表面、毛穴の中の汚れや過剰な皮脂、古い角質…などをしっかり落とすことは大切なのですが、あまり過剰に洗いすぎてしまうと、肌に必要な皮脂までもを落としてしまいます。先ほどの、ほうれい線の原因でも挙げた天然の保湿クリームを作るための皮脂までもを取り除いてしまうことになるのです。あまり長時間かけて洗顔していたり、使用する洗顔料の洗浄力が強かったり、またぬるま湯で肌をすすぐ際のお湯の温度が熱すぎると、必要な皮脂も失われてしまいますから、充分な注意が必要です。合成界面活性剤や香料・保存料・着色料…などの添加物が配合されたものも避けた方が賢明ですね。

また、スキンケア化粧品は、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・ビタミンC…などが配合されているものをオススメしますが、なかでもヒアルロン酸は非常に効果的です。ヒアルロン酸は、肌の真皮層という部分に存在しているのですが、ヒアルロン酸1gあたりなんと6リットルの水を保持することができるんですね。たっぷりと水分を肌に与え、それを保持することで肌の乾燥防止にも繋がりますので、ヒアルロン酸を重視してスキンケア化粧品を選んでみて下さい。ヒアルロン酸は、口から摂取しても効果を得ることができますが、ヒアルロン酸を含む食品というのは限りがあり、しかも毎日必要量食べるのは難しいものが多いので、サプリメントやドリンク剤で補うことをオススメしますよ。水を普段から多く飲むようにするのも、肌の乾燥防止に繋がりますよ。目安として、1日あたり1.8リットルは最低摂取することが必要です。

他にも、栄養バランスの取れた食事を心がけることも大切ですよ。ビタミンCをはじめ、ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンE・ベータカロチンが含まれた野菜や果物を、大豆製品やナッツ類、ゴマなどが良いですよ。また、海草類にも、肌の保湿力を高める作用がありますので、海草類…特に昆布を食べて、身体の中から肌を乾燥しないように努力することも大切です。もし、食品ではなかなか摂取することができない栄養素がある場合は、サプリメントなどを利用してみるのも良いと思います。

また、生活習慣を見直したし、睡眠不足を解消したり、禁煙するのも、ほうれい線の予防に繋がります。喫煙は、美肌に必要なビタミンCが破壊されてしまうほか、活性酸素大量発生の原因になりますから、肌に1つも良いことはありません。与えられるのは害ばかりです。健康のことも考えても、正に百害あって一利なし…ですから、これを機会に禁煙してみてはいかがでしょうか。乱れた生活や、睡眠不足は肌を急激に老化させる原因ですから、できるだけ、規則正しい生活を送るように心がけて下さい。

2016/01/21 11:27:43

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます。

  • ほうれい線に効く美顔器!ほうれい線に効く美顔器!
    ほうれい線を消すならエステサロンより家庭でお気楽に美容できる美顔器でマッサージがおすすめ!美顔器を使うとエステサロンと同じ施術を毎日自宅でできるのです。
  • フェイシャルエステ人気ランキングフェイシャルエステ人気ランキング
    肌の悩みを解決したい、今よりもっと美肌になりたいという人はフェイシャルエステはどうでしょう?高度な技術を持つエステティシャンが、一人一人に合ったメニューに基づき、ハンドマッサージや最新の機器を使って施術を行い、顔の血行が促進されるため、代謝が上がり、老廃物が排出されやすくなります。
  • 美顔器マニアのおすすめ美顔器人気ランキング美顔器マニアのおすすめ美顔器人気ランキング
    美顔器といってもいろんな種類がありますが中でも人気なのが超音波美顔器です。安価でお手軽なのはコロコロ美顔器ですね。そんな風に人気美顔器ランキング上位の美顔器をおすすめどころなどを踏まえて紹介しています。売れてる美顔器を知りたい方もどうぞ。