TOP美顔器ほうれい線 > ほうれい線の原因

ほうれい線の原因

ほうれい線が出来る原因は複数存在します。まず、1つ目は、肌のたるみによるものです。

正確に言うと、肌の下にある表情筋や首の筋肉が衰えてしまうことで、その上にある肌も一緒になってたるんでしまう、ということなんです。

表情筋というのは、顔面の浅層に存在するおよそ30種類ほどの小筋の総称を言います。目・口・鼻・耳の開口部にまで群がっていて、大抵の表情筋は、頭骨から起こり、顔面の皮膚で終了します。目の開閉を動かす働きのある目輪筋、頬の引き上げと上唇の引上げを行う頬骨筋、口のまわりにあり、様々な口の表情を作ることができる口輪筋、口輪菌の深いところから耳の下あたりに向かって存在する頬筋…などがあります。

この表情筋は、名前からもわかる通り、この筋肉たちを動かして表情を作ることができます。もし、いつも同じ表情…つまり同じ一定の動きしかしていないと、それがクセになってしまって、肌にシワが出来てしまうんです。

例えば、常に眉間にシワを寄せている人は、そのシワがクセになってしまい、眉間を寄せていない時でも、眉間にシワが浮かぶようになるのです。しかもそのシワはだんだんと深くなってしまい、結果、全く怒っていないのに、まるで怒っているかのような印象を他人に与えてしまうようになるのです。表情筋は、使い方次第では、肌にシワを刻んでしまうだけでなく、他人からの印象を変えてしまう可能性もあるのです。

まだ若い頃は、表情筋も含め、筋肉は強いですし、重力にも負けません。そのため、皮下脂肪を高い場所でもキープすることができるのですが、年齢を重ねていくうちに、徐々に頬を支える筋肉が衰え、緩んできます。

そうなれば、筋肉は重力に逆らえなくなり、そして頬のまわりにある皮下脂肪を高い場所でキープできなくなり、頬が全体的に垂れ下がってしまう…ということになるんです。

これは、年齢を重ねていくごとに、胸やお尻が徐々に下がっていってしまうのと同じ原理です。更に、頬のあたりにある皮下脂肪が垂れ下がってしまうと、ちょうどその頬の境界線に当たっているほうれい線の上に、皮下脂肪が覆いかぶさるようにして溜まっていってしまいます。

それにより、ほうれい線を境にして、更に皮下脂肪がのしかかってくるわけですから、更にほうれい線の溝が深くなってしまうのです。ただ、表情筋が鍛えられていれば、筋肉が緩むこともありませんし、皮下脂肪を支えることができるわけですから、ほうれい線を始め、様々なシワも、全く出ないとは言いきれませんが、できたとしてもかなり最小限のシワで済むはずです。

また、ほうれい線という名前が付いていますが、やはりシワです。シワの原因はほうれい線の原因に当てはまるといっても良いと思います。ですから、紫外線を浴びたり、肌が乾燥してしまっても、やはりほうれい線の原因となってしまうのです。

紫外線を浴びることにより、紫外線は肌の奥にまで侵入し、皮膚の組織を傷つけてしまいます。

健康な肌の状態では、肌内にある真皮層という部分にコラーゲンが存在しており、真皮の支柱のような役割を担っています。

そしてそのコラーゲンの間をエラスチンという成分が張り巡り、ゴムのような弾力をつけているのです。ところが、紫外線を浴びてしまうと、コラーゲンは傷つけられ、小さく分断されてしまうと同時に、コラーゲンの間に存在していたエラスチンを変性させてしまう酵素も分泌されるようになります。

そうなってしめば、当然、ゴムのような弾力は失われることになりますから、肌がたるんでいき、シワとなっていくんですね。

この紫外線は、たった数分だけ浴びただけで、数時間後には、皮膚のコラーゲンを切断する酵素が生成されます。当然、長時間紫外線を浴びてしまえば、更に小さくコラーゲンが切断されるということです。

まだ子供の頃や、若い頃は、コラーゲンもエラスチンも体内で生成される量が充分だったので、新たな線維もできますし、シワになる心配はありません。

しかし、年齢と共にコラーゲンやエラスチンの生成量も減少し、更に傷ついてしまった線維も残るようになるので、シワとして蓄積されてしまうんですね。

もちろん、紫外線は、シワだけに限らず、シミやくすみなどの原因にもなりますし、紫外線を浴びることで体内の活性酸素が過剰に生成されてしまい、肌や健康に悪影響を及ぼします。活性酸素は、紫外線だけでなく、過剰なストレス・暴飲暴食・寝不足・喫煙・添加物・農薬・化学肥料・排気ガス…などが原因で大量に発生します。

活性酸素は、体内の細胞を酸化…つまり錆びさせる作用があります。細胞を錆びさせる=細胞を傷つけるということですから、肌に様々な害を与える他、様々な病気の引き金にもなってしまいます。正常な細胞がガン細胞になる原因の1つにも、この活性酸素は挙げられるほどなのです。本来であれば、活性酸素は生きていくうえで欠かせない重要な役割(侵入してきた細菌やウィルスを退治する)を担っているのですが、先ほど挙げた原因により、簡単に大量に発生してしまうのです。

通常は、この活性酸素を中和させる酵素が分泌されているのですが、あまりに生成された活性酸素が多いと、追いつかなくなっていくんです。

そして肌が乾燥している場合、肌の表面はいわば剥き出しの状態になっています。乾燥というと、肌に水分がないようなイメージが浮かぶかもしれませんが、正確には、天然の保湿クリームが肌の表面にバリアのように張っていない状態を指すのです。皮脂腺から分泌された皮脂と、汗腺から分泌された汗、そして肌の水分が混ざり合うことで、天然の保湿クリームができます。

この天然の保湿クリームが肌の表面を覆ってくれるので、外からの刺激を避けると同時に、肌内にある水分を蒸発せずに済むんですね。しかし、この天然の保湿クリームがなくなってしまえば、肌をバリアするものが何もないということですから、常に外気に晒されていることになります。

肌が乾燥に晒されていると、角質層の表面がだんだんと乾いていき、そして剥がれやすくなって隙間が出来てしまいます。そしてその隙間からも表皮の水分が蒸発してしまうのです。

角質というのは、水分量が低下してしまうと、肌をなんとかして乾燥から守ろうと徐々に分厚くなっていきます。角質は水分が奪われていきますから、肌の弾力も失われていき、そして表面の古い角質に亀裂が入るようになります。これが小ジワですね。シワは、肌が乾燥しているとそのシワがクセになっていき、だんだんとシワが深く濃くなって目立つようになってしまいます。

しかも肌が乾燥した状態は、シワを更に深く刻むことはできますが、薄くさせることはそう簡単にはできません。肌の修復を図ろうとも、まずその肌自体が正常な状態ではないのですから、修復も難しいですよね。

それ以外でも、不規則な生活・睡眠不足・暴飲暴食・喫煙…などは、先ほども挙げたように活性酸素を大量に発生させる原因になりますから、結果的にシワの原因になりますし、健康で若々しい肌を保つために必要不可欠なビタミンCやコラーゲンが不足した場合、女性ホルモンの減少などでも、シワの原因となってしまいます。

最後の女性ホルモンの減少というのは、女性ホルモンが真皮層に存在するコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成に大きく関わっているためなんですね。肌の弾力を支えるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸は、女性ホルモンが減少しても生成量が減少してしまいます。そうなれば当然、肌を支えられなくなって肌はたるんでいき、そしてほうれい線へと繋がってしまうのです。なかには、生まれつき…というか、骨格や筋肉の付き方などで、ほうれい線が出やすいタイプの人がいらっしゃるようです。このタイプの場合は、赤ちゃんの頃からほうれい線があります。

2016/01/21 10:42:39

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます。

  • ほうれい線に効く美顔器!ほうれい線に効く美顔器!
    ほうれい線を消すならエステサロンより家庭でお気楽に美容できる美顔器でマッサージがおすすめ!美顔器を使うとエステサロンと同じ施術を毎日自宅でできるのです。
  • 美顔器マニアのおすすめ美顔器人気ランキング美顔器マニアのおすすめ美顔器人気ランキング
    美顔器といってもいろんな種類がありますが中でも人気なのが超音波美顔器です。安価でお手軽なのはコロコロ美顔器ですね。そんな風に人気美顔器ランキング上位の美顔器をおすすめどころなどを踏まえて紹介しています。売れてる美顔器を知りたい方もどうぞ。
  • ほうれい線の予防対策ほうれい線の予防対策
    ほうれい線というのは、小鼻の両脇からそれぞれ口端に伸びる線のことを指します。ほうれい線の予防には、まず頬の筋肉を鍛える必要があります。