TOPコスメ > アスタリフト

アスタリフトのトライアルキット

アスタリフトのトライアルセットを買ってみました。12月28日の夜に申し込んだのでした。

年末ということもあって「今年は無理かな~」と思っていたら、翌日には「発送しました」のメールが届き、ゆうメールでしたが大晦日には届きました。お~早い~~~

というわけで早速お試ししてみますよ~~~

記事は順次アップしますので、しばらくお待ちを~~~m(_ _)m

待てない方は、自分でトライアルセットを買っちゃってください。コチラです

アスタリフト

2007年に、アスタリフトは誕生しました。

このアスタリフトは、カメラのフィルムを取り扱っている企業でも知られる富士フィルムです。

フィルムとスキンケア化粧品と、どこにも共通点がないように思われるかもしれませんが、実は、写真のフィルムの主原料というのは、美肌成分のコラーゲンなのです。

長年、フィルムを取扱い、日夜、研究・開発等を行ってきたということは、コラーゲンについて、かなりの専門的な知識があるということですよね。

富士フィルムでは、そんなコラーゲン分野の先端で研究を続けてきた、その技術力を駆使し、ヒトと肌の構造が同じ皮膚モデルを完成させました。これは富士フィルムにとっても初となる研究だったそうですが、その研究によって、これまで解明することができなかった、新しいコラーゲンに着目することができたのです。肌の潤いとハリをコントロールしているのがコラーゲンであり、そしてそのコラーゲンを徹底的に研究することが、美肌のためには何よりも重要だということです。

肌を覆うことで肌の潤いを保つ水溶性コラーゲン、肌の角質層まで浸透させ、潤いをプラスさせる浸透性コラーゲン、肌の角質層へしっかり浸透し、肌細胞の潤いをサポートするピココラーゲン…と、専門分野であるコラーゲンを、フィルムではなく、スキンケア化粧品等に活かし、様々な形で応用しています。

また、写真というのは、紫外線による写真の色あせを防止するための方法として、富士フィルムでは、抗酸化研究をずっと行ってきました。

紫外線によるダメージを抑え、色あせの原因となっている酸化を抑制する研究の過程において、製品を安定化させる独自成分や独自技術を開発してきたのです。この抗酸化力…というのも、スキンケアと大きく関係しています。抗酸化力というのは、様々なものを酸化させる存在である活性酸素を除去する力のことを言います。

人間を始めとする多くの動物は、生きていくためには酸素が必要不可欠です。呼吸により取り入れた酸素が体内へ入り込むと、その酸素の一部が、他の分子と結びつき、活性酸素へと変化します。

活性酸素は、非常に高い酸化力を持っており、それが原因で、体内の細胞を金属のサビのように錆びさせてしまうのです。活性酸素は、体内にウィルスや細菌などが入りこんだ際、それを退治するために必要な存在です。1つの免疫機能も担っているんですね。

しかし、活性酸素は、その酸化力が強すぎるがゆえに、身体の様々な部分も攻撃してしまい、それによって、細胞などが錆びてしまうのです。そして、その錆びが、老化の原因であり、またガン細胞が増殖したり、動脈硬化を引き起こしたり…など、様々な疾病の原因となるのです。そんな活性酸素の働きを阻止する力が抗酸化力であり、その抗酸化力を持つものを抗酸化物質と言います。ですから、写真の色あせ防止の抗酸化力の研究も、視野を広げれば、スキンケア化粧品と通じているものがある、ということですよね。

そして、写真のフィルム内部はナノの世界です。ナノは、1/10億を表す単位です。分子の世界を表すためには、ナノメートル(nn)という単位が必要となります。

つまり、1ナノメートル=1/10億メートルということです。

といっても、ピンときませんよね。ものすごく小さい単位ということは判りますが、どうしても自分の目で見える大きさが基準となってしまいますから、目で見ることができないサイズを想像しても、なんとなくは判るものの、あまり実感はありません。人間の肌に関する情報を見た時、正に肌のキメが判るほどの拡大写真を見て「凄い!」と感じますよね。

1ナノは10-9という単位で表すのですが、肌のキメがはっきり判る大きさというのは、10-2なのです。

つまり、もっともっと小さいということです。1ナノは、ウィルスやX線の波長を見ることができるほどの小ささなのですが、人間の肌で言うと、肌のキメどころか、遺伝子を見ることができるほどのレベルの小ささなのです。遺伝子の位置をナノレベルで測定する顕微鏡が開発されたのですが、それを用いると、1本鎖DNAと2本鎖DNAを、顕微鏡を通じて目で見分けることができるというのですから、気の遠くなるような小ささです。

そんな、非常に精密でデリケートな世界での研究等を活かして作り出された、ある成分を必要とする体内の箇所にピンポイントで届けることができる独自のナノテクノロジーも、化粧品の開発に活かされています。

アスタリフトは、身体の内側から輝くフォトジェニックな美しさを叶えたいという思いから誕生しました。フォトジェニックとは、写真映りが良い、輝きに満ちた…という意味なのですが、つまり、まるで良い映りの写真のように、輝く瞬間をいつまでも維持できるような美しさ…ということですよね。

この表現が、さすがカメラのフィルムを取り扱っている企業だけあるなぁ…と思ったりしました。肌の潤い・肌のハリと弾力・なめらかで整った肌の色…この3つを追求するということは、美を追求するということでもあり、富士フィルムはそれを目指しています。そして、特別なことを行うのではなく、日々行うスキンケアのなかで美しさを実感できるようなスキンケア化粧品などを、富士フィルムならではの独自の視点で研究・開発を行っているのです。

アスタリフトのイメージカラーは、赤色です。この赤色は、アスタリフトが注目し、そしてメインとして使用しているアスタキサンチンの色です。アスタキサンチンは、肌に非常に効果的に働きかける力を持っていながらも、成分としては不安定な部分もありました。

そのアスタキサンチンを、富士フィルムでは、独自技術である極小ナノエマルジョン化を行い、角質までしっかりと行き届かせることができる高浸透で安定した成分として、化粧品に配合しているのです。

また、アスタキサンチン以外にも、トマトの主成分として知られているリコピンも、アスタリフトがメインとして使用している成分です。リコピンは、CoQ10のおよそ1,000倍の美容パワーを持っているとされており、肌にハリを与えることができる成分です。

しかし、このリコピンも、アスタキサンチンと同様、非常に不安定な成分であるため、化粧品に取り入れるのは難しいとされてきました。それを富士フィルムでは、これも独自のナノ乳化技術を活かして、角質まで行き届かせる高浸透で安定性の高いナノリコピンを開発し、アスタリフト全ての化粧品へ配合することに成功しています。

また、アスタリフトでは、チューブ品・洗顔料・メイク落としを除き、ほぼ全ての商品がレフィルに対応しています。レフィルというのは、いわば詰め替え用…ということです。社会や環境と共存できる化粧品…ということで、エコとしても、こういった対応は非常に喜ばしいことですよね。レフィルのみを付け替え、外の容器をそのまま継続して使用し続けることで、通常よりもプラスチック量をおよそ70%削減できるそうです。

更に、レフィル自体も、全てプラスティックでできているため、ゴミの分別も簡単です。それに、アスタリストでは、内容物が手や空気に触れることなく、簡単に取り替えることができるカートリッジタイプとなっているので、雑菌混入の心配がなく、衛生的です。肌をケアするためのスキンケア化粧品に雑菌が混入してしまったのでは、意味がないどころか、逆効果となってしまいます。単純なことかもしれませんがこの配慮も、利用者としては嬉しいですよね。

コラーゲンは女性の見方

富士フィルムが注目しアスタリフトで取り上げられているコラーゲンは、減少したり傷ついたりすると肌のハリとツヤが失われ、シワやタルミをもたらすだけでなくシミの原因にもなってしまいます。

このコラーゲンを守って化粧品の機能をアップすることに、富士フィルムの技術が応用されています。

アスタリフトの美容成分はコラーゲンとアスタキサンチン

アスタリフトには3種類のコラーゲンとアスタキサンチンという美容成分が含まれています。

・水溶性コラーゲン
水溶性コラーゲンは、肌表面に留まり、潤いベールを作ります。

・浸透性コラーゲン
浸透性コラーゲンは、肌内部(角質層)まで浸透し、保湿とハリ・弾力のサポートをします。

・ピココラーゲン
ピココラーゲンは、角質層の奥深くへコラーゲンを届け、ハリ・弾力を育む極小サイズのコラーゲンです。

・アスタキサンチン
β-カロテンの10倍、コエンザイムQ10の約1000倍のパワーがあります。実際の粒子を1/10億mmの単位にまで小さくして配合することで、角質層深くまで浸透し、肌のハリ、弾力をキープします。

アスタリフトのスキンケア化粧品

現在、アスタリフトのスキンケア化粧品には、メイク落としにはクレンジングジェル・クレンジングオイル、洗顔料にモイスチャーフォーム、スペシャルケアにジェリーアクアリスタ(先行美容液)・アイクリーム(目元用クリーム)・ナイトクリーム(夜用クリーム)、日中美容液にUVプロテクター・デイプロテクターホワイトがあります。また、テーマ別のスキンケア化粧品として、ベーシックハリケアのシリーズはローション(化粧水)・エッセンスデスティニー(美容液)・クリーム(クリーム)・エマルジョン(乳液)、シミが気になる方のシリーズはホワイトニングローション(美白化粧水)・ホワイトニングエッセンス(美白美容液)・ホワイトニングクリーム(美白クリーム)、そして肌の状態に応じて行う集中ケアシリーズには、シート状のマスクとして、モイスチャライジングマスクとホワイトニングマスク…が、それぞれ用意されています。それぞれの商品を簡単に説明していくと、クレンジングジェルはメイク落としです。水層と油層の成分がバランスよく処方されており、マッサージするように軽く滑らせるだけでメイク汚れや古い角質、余分な皮脂などをしっかりと洗い落とすことができます。また、アスタキサンチン・リコピン・水溶性コラーゲンが配合されているため、しっかりと、そして優しく汚れを落としつつ、洗い上がりの肌に潤いを与えてくれます。更に、新処方の潤い成分であるカワラヨモギエキスが加えられたことで、肌へかかる負担を軽減させてくれます。

クレンジングオイルもメイク落としです。厳選されたオイルと洗浄成分が配合されており、メイク汚れや余分な皮脂を逃さずにスッキリ落としてくれます。使用されているオイルは非常に濃厚で、そのオイルの厚みと弾力がクッションの役割を果たして、クレンジング時の、摩擦によってかかる肌のダメージを軽減してくれます。また、アスタキサンチンとリコピンの、赤の潤い成分も配合されており、洗い上がりの肌にしっとりした保湿を与えてくれます。

モイスチャーフォームは洗顔料です。美容液などにも使用されている水溶性コラーゲンが配合されることで、洗った後もぬるま湯と一緒に流されることもなく、そのまま肌に留まって、潤いのヴェールを作ってくれますので、洗い上がりに肌がつっぱることもなく、潤いをいつまでもキープしてくれます。アスタキサンチンとリコピンによって、古い角質や過剰に分泌された皮脂はもちろんのこと、肌に蓄積されている皮脂さえもしっかり落としてくれます。泡立ちが良く、濃厚なクリームのような弾力あるキメの細かい泡が簡単に作れるので、洗顔がとても気持ちよくなると思いますよ。

ジェリーアクアリスタはジェリー情の先行美容液です。洗顔後、化粧水で肌を整える前に使用する美容液です。独自技術によって開発された高浸透なヒト型ナノセラミドを豊富に配合しており、人間の肌に存在するセラミドと同じ構造を持っていますから、肌の内部への親和性も非常に高く、角質までしっかりと潤いを浸透することが可能です。更に、リコピンとアスタキサンチンが加わることにより、肌のハリと弾力を高めて、みずみずしい肌へ近づけてくれます。このジェリーアクアリスタを使用することで、その後に使用するスキンケアの水分や油分、美容成分をより効果的にしてくれます。

アイクリームは目元専用クリームで、夜、眠る前に使用します。アスタキサンチン・リコピン・3種類のコラーゲン(水溶性コラーゲン・浸透性コラーゲン・ピココラーゲン)・イノンドエキス・オランダカラシエキスが配合されています。乾燥や、その乾燥によって起こるハリ不足や小ジワを解消するため、全部で8種類の美容成分が集中的に、そして複合的に目元をケアしてくれます。保湿成分で潤いを補い、ハリを取り戻し、肌の状態を整え、乾燥やダメージから肌を守る…といったことが、このアイクリーム1つで出来てしまいます。更に、ダマスクローズとカモミールの配合により、心地良く香りが気持ちを穏やかにしてくれます。

ナイトクリームは夜用クリームで、眠る前に使用するクリームです。アスタキサンチン・リコピン・3種のコラーゲン・アルテミアエキス・トレハロースが配合されており、睡眠中の肌の蒸発を防ぎながら、潤いをサポートする成分と、ハリと弾力をもたらすサポートを行う成分が配合され、濃密ヴェールで潤いを閉じ込めた状態で、昼間に受けた外的ダメージを労わり、肌をケアしてくれます。アイクリームと同様、ダマスクローズとカモミールが配合されているため、ほのかで心地良い香りが疲れを癒してくれますよ。

UVプロテクターは、日中用美容液兼化粧下地で、アスタキサンチン・リコピン・3種のコラーゲン・ヒアルロン酸が配合されています。紫外線をカットする成分が配合されており、SPF35・PA+++となっています。紫外線防御剤を保湿成分でコーティングしたU&Vモイスト複合成分により、紫外線をカットしながら、乾燥からも肌を守ってくれます。日焼けによるシミやそばかすを予防しながら、肌にハリと透明感を与えてくれ、更にファンデーションのノリをしっかりキープしてくれる化粧下地効果としても優秀です。

デイプロテクターホワイトは日中用美容液で、アスタキサンチン・3種のコラーゲン・アロエベラ葉エキスが配合されています。世界初となる、シミを誘発する存在であるDeep UVAをカットするD-UVガードが配合されており、肌の内部にダメージを与えるDeep UVAをしっかりカットし、様々な紫外線によるトラブルから肌を守ってくれます(SPF50・PA+++)

そして、ベーシックハリケアのシリーズである、ローション・エッセンスデスティニー・クリーム・エマルジョンには、それぞれにリコピン・アスタキサンチン・3種のコラーゲン(水溶性コラーゲン・浸透性コラーゲン・ピココラーゲン)の潤い成分が全てに配合されており、肌に潤いをしっかり与えてくれますよ。赤のダブルパワーによって、硬くごわついてしまいがちな角質層を柔らかくし、角質層までしっかり浸透させて潤いで満たしてくれます。他にも、エッセンスデスティニーにはプテロスチルペン・ローヤルゼリー・エラスチン、クリームにはローヤルゼリー・スクワラン、エマルジョンにはヒアルロン酸とスクワランがそれぞれ加わり、正にアスタリフトが目指す、フォトジェニックな美しさを目指すことができますよ。

シミが気になる方のシリーズであるホワイトニングローション・ホワイトニングエッセンス・ホワイトニングクリームは、紫外線によるシミ・そばかすを防ぐのはもちろんのこと、既に肌に存在しているシミ・そばかすにも働きかけてくれ、集中して美白ケアを行うことができます。美白に有効的な潤い成分である3種のコラーゲン(水溶性コラーゲン・浸透性コラーゲン・ピココラーゲン)・ホワイトニングローションにはヒアルロン酸・海草エキス、ホワイトニングエッセンスにはアスタキサンチン・ビタミンC誘導体・酵母エキス、ホワイトニングクリームにはビタミンC誘導体・アスタキサンチン・アンズ果汁…がそれぞれ配合されており、それぞれの美白有効成分が、様々な角度から肌へ働きかけてくれます。

そして集中ケアシリーズであるモイスチャライジングマスクは、アスタキサンチン・3種のコラーゲン・ローヤルゼリー・エラスチン・ラフェルミンが配合されており、正に美容液1本分の潤いがたっぷり含まれたマスクを使い、肌を包み込むように密着させながらハリと輝きに満ちた美肌に近づけてくれます。マスクは上下に分かれており、しかもストレッチ素材のシートですから、肌を引き上げながら包み込むことができますよ。同じく集中ケアシリーズのホワイトニングマスクは、アスタキサンチン・3種のコラーゲン・ボタンエキス・酵母エキスが配合されています。顔の中でも、特にシミができやすい鼻や頬、こめかみなどにかけて、集中的に美白ケアをすることができる美白シート状マスクとなっています。

2016/03/30 13:03:56

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます。

    この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます。

    • 人気の洗顔石鹸おすすめランキング人気の洗顔石鹸おすすめランキング
      スキンケアの基本の洗顔の為の洗顔石鹸は沢山の種類があります。人気の洗顔石鹸のおすすめランキングを紹介しています。
    • アスタリフトジェリーアクアリスタで保湿力を高める!アスタリフトジェリーアクアリスタで保湿力を高める!
      十分に潤いを与えているつもりでも何故か乾燥してしまう砂漠のような状態対策として開発されたのがアスタリフトジェリーアクアリスタです。与えた水分が肌から逃げるのを防ぎながら、ダメージから肌を守るという、理想の肌本来の保湿力を高める効果があります。
    • ルナメアで毛穴ケア!ニキビケアルナメアで毛穴ケア!ニキビケア
      富士フィルムのルナメアは毛穴からキレイにするスキンケア化粧品です。大人ニキビ対策におすすめなのがルナメアAC。毛穴やくすみが気になる肌の人にはルナメアがおすすめです。