TOPコスメ > 基礎化粧品

年齢ごとに肌にあったものを選ぶべし!後悔しないための基礎化粧品選び

基礎化粧を行っていない女性はおそらく居ないでしょう。けれど、その基礎化粧品が自分にピッタリ合っているかどうか、実のところよく分からないという方も多いはず。だって、基礎化粧品って種類が多すぎるんですもの。

基礎化粧品選びは、肌質はもちろんですが、年齢によっても異なってきます。年代ごとにお手入れのどのあたりを重視して基礎化粧品が提供されているかを知ることも、化粧品選びには重要です。

基礎化粧品は年代ごとに狙いが違う

基礎化粧品と一言で言っても、本当に種類が多いです。何を基準に選ぶのか。自分が今一番気になっている部分を改善してくれるものを選ぶのが良いことは分かっていても、年齢とともに気になるところも増えていきます。

そんな、何を選んだらよいのやら…という方には、その年代に合った基礎化粧品が各メーカーから提供されていますので、それを利用してみるのがよいでしょう。年代ごとに基礎化粧品が分かれているのは、もちろん、年代ごとに肌の状態が変わっていくからです。

後に年代ごとの肌の状態とどのような基礎化粧品が一般的には好まれるかを紹介していきますが、簡単に説明するなら、20代から50代へと年代が進むにつれ、乾燥が原因と思われる肌の悩みが増えてきます。そして、若いころには気が付かなかったシミが年代が進むごとに現れてきます。そのため、20代では皮脂対策もしていきますが、30代以降では乾燥を防ぎつつホワイトニングも意識して基礎化粧品が選ばれていきます。

20代の基礎化粧品選び

20代は、まだまだ肌にハリや潤いがあるので、お手入れをさぼりがちな年代です。肌へのダメージは年数が経ってから現れることが多いので、20代でしっかりとお手入れをしておかなければ、後悔すること間違いなしです!

20代、特に20代後半になると、皮脂量が急激に減ってきます。ニキビに悩まされていた方も頬などの乾燥が気になりだす頃になります。おでこや鼻はテカっているのに頬はカサカサしてくるという状態の方が多くなります。おでこや鼻がテカっていてもこれは乾燥のサインなので、見逃さないようにしましょう。

20代は、肌の衰えのサインを見逃して、というか気づかず、メイクでごまかしてしまいがちです。20代の肌がどういう状態で、どのようなお手入れが年齢を重ねても後悔しない肌作りによいのかを理解しながら基礎化粧品を選びましょう。

30代の基礎化粧品選び

30代になると、肌が大きく変化していることに気付く人も多いはず。20代の頃よりハリや潤いが失われている感じが強くなるからです。今まで簡単にスキンケアを済ませていた人も、これではダメだと気付きます。30代は、コラーゲンやヒアルロン酸など肌をみずみずしくハリのある状態で保ってくれる成分がどんどん減少し始める年代です。基礎化粧品にも、コラーゲンやヒアルロン酸などの含有量が多いものを選びたくなります。

そして、20代で意識していなかった人は、30代に入ってシミがポチポチと出てくることに驚くでしょう。シミは何年かかけて肌の上まで出てきますから、出来てから気づく人が多いのです。コラーゲンやヒアルロン酸が減少することで肌の乾燥も進み、しわも気になり出すのが30代です。

これらのことから、30代では鈍ってきたターンオーバーをカバーすべく特別なケアが必要とされます。仕事や子育てで忙しい年代でもあり、肌のお手入れが後回しにされる年代でもありますが、ここでさぼると後からもっと泣きたい状況になります。シミ、しわ対策に重点を置いた基礎化粧品選びが重要なポイントになってきます。

これと並行して、20代によく見られた、おでこ、鼻だけ脂っぽいという悩みが30代でもまだ見られるため、その対策も必要です。毛穴の開きが気になるという方はこの辺りも気にしながら基礎化粧品選びをする必要があります。

40代の基礎化粧品選び

40代に突入すると年齢肌との戦いの日々が訪れているはずです。アンチエイジングを意識した基礎化粧品選びが必須となってきます。美容成分も多く含んでいるものが好まれるようになり、基礎化粧品選びに注力しながら美顔器などと並行してスキンケアをする方も増えてきます。

40代になると一番気になるのは、肌のたるみです。豊齢線が深くなったかな?目の下が何となくたるんでると感じてきます。アンチエイジングを意識した基礎化粧品には、美容成分が豊富に量も多くふくまれています。特にコラーゲン。コラーゲンが肌の弾力性を保ってくれますので欠かせませんが、コラーゲンだけを補ってもダメなのです。コラーゲンを最大限活かす美容成分を一緒に肌に与えることが重要です。それを意識した基礎化粧品を選ぶようにしましょう。

50代の基礎化粧品選び

50代は、顕著に肌の老化があらわれてくる年代です。

40代に感じていた肌のたるみがより一層気になります。ここでもやはりお手入れの基本は保湿になってくるのですが、更年期に入り、肌質が今までと違うと感じる方も多くなります。これまでと同じ基礎化粧品で良い方もいるでしょうが、思い切って違う基礎化粧品に変えてみるのも一つの手です。

保湿を意識した基礎化粧品を選ぶのは40代と同じなのですが、肌への刺激が強すぎるのも良くない年代が50代です。低刺激でいながらアンチエイジングを意識した基礎化粧品、特にこだわりたいのは美容液やクリームなどで、若いころはベタつくのが嫌ということで敬遠しがちなクリームや美容液が、乾燥が特に気になる50代では大活躍します。

50代の基礎化粧品の詳細はコチラ

60代の基礎化粧品選び

60代は、40代・50代の時よりも肌は更に敏感になっているので、しっかりと保護してあげることが大切です。アンチエイジング効果やお肌の健康を保つための成分がたっぷりと配合された基礎化粧品を選ぶことが重要だといえます。

60代になると、女性ホルモンのエストロゲンが減少してしまいますので、肌のバリア機能が弱まったり、お肌の傷ついた部分の修復機能が不十分になってしまうのです。そこに刺激の強い基礎化粧品を使ってしまうとお肌トラブルの原因になってしまいます。その為、肌に優しい原料で作られたものを選ぶことがポイントになってきます。

そこでおすすめなのが、合成防腐剤・合成香料・合成着色料・鉱物油などを使わずに作られた無添加のものです。自然由来の天然植物成分を中心にしてつくられたものを使えば、お肌への刺激を最小限にすることができます。

2016/08/30 12:47:14

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます。

  • 人気オールインワンジェル比較!おすすめランキング人気オールインワンジェル比較!おすすめランキング
    化粧水・美容液・乳液・クリーム・・・など、複数のスキンケア化粧品が一つになったオールインワンジェル。人気があるためとても沢山の商品が販売されています。中でも人気のオールインワンジェルを比較しおすすめランキングを紹介しています。
  • 50代基礎化粧品おすすめランキング 保湿対策重視のスキンケアを!50代基礎化粧品おすすめランキング 保湿対策重視のスキンケアを!
    50代のスキンケアは、まさに乾燥との戦いです。基本的にスキンケアは乾燥対策が重要になりますが、50代は、閉経などの影響で更年期に入り女性ホルモンが激減してしまうことで、肌の乾燥の進行はより一層激しくなります。
  • 人気の炭酸パックおすすめランキング人気の炭酸パックおすすめランキング
    水分保持の苦手な乾燥肌の方や小じわが気になる方、肌荒れが気になる方におすすめなのが炭酸パック。炭酸パックは肌の内側からキレイになり肌を柔らかく古い角質を浮き上がらせるため汚れも取れやすく柔らかい肌は美容成分が浸透しやすくなる効果があります。