TOPコスメ基礎化粧品 > 50代基礎化粧品

保湿対策重視のスキンケアを!50代の基礎化粧品選び

50代のスキンケアは、まさに乾燥との戦いです。基本的にスキンケアは乾燥対策が重要になりますが、50代は、閉経などの影響で更年期に入り女性ホルモンが激減してしまうことで、肌の乾燥の進行はより一層激しくなります。

肌のお手入れの基本である基礎化粧品選びでも、50代は保湿重視、足りない美容成分を積極的に補うことなどに重点が置かれます。ホルモンバランスが崩れることから、肌が以前より敏感になる方も多いですので、敏感肌用の基礎化粧品を考慮に入れることも一つの対策になります。

50代は肌が劇的に変わる年代

50代に入ると、閉経に向けて体内のホルモンバランスが変わってきます。女性ホルモンの減少が影響して、40代のときに感じていた肌の乾燥がより一層ひどく感じるようになってきます。50代は深刻な乾燥への対策を強化しなければいけない年代です。

肌の乾燥はコラーゲン不足によるところが大きいとよく言われますが、年齢とともに体内で生成されるコラーゲン量は減る一方なので、50代にもなると外から内から補ってあげる必要があります。

また、ホルモンバランスが崩れることで、今まで肌に感じていなかった感覚が生まれることもあります。今まで使っていた基礎化粧品が妙にピリピリ感じたり…これは肌がより敏感になっているためです。この場合は、基礎化粧品は敏感肌用に切り替えて肌への影響をみてみることも必要になります。

さらに、色んな美容成分がより一層不足してくる年代でもあるため、肌のバリア機能も低下しています。何もせずに放置すると、紫外線による肌ダメージが今でより深刻なダメージを与えてしまいますので、肌のバリア機能をアップすることも考えます。

このように50代に入ると40代の悩みが解消されていない場合、さらに深刻な状況となっていきます。スキンケアをちゃんとしている50代とそうでない50代では、同年代と思えないほどの差がでます。50代とは思えない美魔女と呼ばれる人たちの登場でもわかるように、若い肌を保つまたは若い肌によみがえらせるためにはスキンケア、特に基礎化粧品選びは非常に重要なキーポイントになります。

50代に補いたい美容成分

美容成分を補えるだけ補ってあげたいと、30代に入ったくらいから思い続けているのですが、そんな方も多いでしょう。50代になると補っても補っても満たされないような気になるくらい色んな美容成分が不足します。コラーゲンなどは20代の頃に比べると半分以下にまで減少してしまっています。

そんな50代では、保湿対策をするためにもセラミドを補うことは有効です。セラミドは細胞と細胞の中でスポンジのように水分を保って存在しています。セラミドがたっぷりと含まれているとみずみずしくしっとりとした肌が保てます。逆に不足すると、肌がカサカサになってしまうのです。セラミドが豊富にあることで肌から水分が蒸発することを防ぐことにも役立っています。さらに、肌のバリア機能を助ける存在でもあるため、紫外線や外気から肌を守る役目も果たします。

そして、コラーゲン。コラーゲンが肌をぷるぷるにしてくれることは誰しもが知っていることですが、コラーゲン配合の化粧品を使っていればそれでいいというものではありません。化粧品に配合されているコラーゲンは肌の表面を潤す働きをしてくれますが、肌の奥底まで浸透することはありません。そのため、肌が持っているコラーゲンを強化する目的でビタミンC配合の化粧品を選択するのも選択肢の一つです。

敏感肌用へと変わる50代

閉経に向けて進むと、ホルモンバランスが崩れて肌が敏感になる人が多いということはすでに書きましたが、このような場合に活躍するのが敏感肌用の基礎化粧品です。

最近では、敏感肌用の基礎化粧品もたくさん増えました。皮膚科でもアトピー性皮膚炎などの肌がカサカサしがちな方でも使える基礎化粧品を紹介してくれたりします。今まで使っていた基礎化粧品なのに、何だか肌がピリピリする、かゆみがあるなど、何が原因か分からない肌トラブル的なことが起こり出したら、基礎化粧品を見直すときが来ています。

敏感肌用の基礎化粧品は、肌に負担のかかる成分が入っていませんので、年齢とともに敏感になってくる肌にも安心して使えます。肌に負担のかかる成分とは、アルコール(エタノール)や合成着色料、合成香料などの添加物です。以前は、無添加化粧品は、安心だけど、うるおい補給などに効果が感じられないというものも多かったようですが、今では選びきれないほど種類も増えています。

敏感肌用の基礎化粧品にも、その敏感肌の状態別に分類できるほど種類がたくさんあります。年齢による敏感肌は、乾燥を防ぎつつバリア機能をアップさせて肌の老化をケアできるものを選びたいです。敏感肌用の基礎化粧品には、紫外線などにより、肌が常に赤っぽくなる(常に日焼けしているような状態)ことに対応するものなどもありますから、老化防止に注力している基礎化粧品を選ぶようにしましょう。

50代は内側からもキレイになる努力が必要

基礎化粧品だけに頼らず、日々の生活を見直すことも50代には必要です。新陳代謝が落ちるので、もちろん肌のターンオーバーもサイクルが遅くなります。睡眠時間を規則正しくしっかりとるという基本的なことですが、これだけでもずいぶん肌への負担が変わってきます。また減少してくる女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを摂ってみることでアンチエイジングの効果があるかもしれません。

この他にも、内側からキレイに働きかけるために、コラーゲンドリンクやサプリメントを試すのもよいでしょう。化粧品に含まれるコラーゲンは肌の表面を潤す働きをしてくれますが、コラーゲンの生成を促す効果はありませんので、積極的に内側から補うことも有効です。

そして、基礎化粧品で顔全体のスキンケアをすることはもちろんなのですが、50代の悩み別に特別なケアをすることも、ときには必要かもしれません。例えば、シワやたるみが特に気になる場合には、ビタミンCを高濃度に配合している化粧品をプラスする、表情筋を鍛えるためにエクササイズをしたりリフティなどの美顔器を利用してみるなどです。そして、濃いシミが気になる方は、スポットで使える美白化粧品をプラスしてみることです。

2016/08/30 13:25:30

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます。

  • 60代基礎化粧品おすすめランキング60代基礎化粧品おすすめランキング
    60代にふさわしい基礎化粧品は保湿成分に優れたものです。コラーゲンやヒアルロン酸はもちろんのこと、肌の弾力や柔軟性を保つエラスチンなどが配合されてる化粧品を選ぶのが良いと言えるでしょう。
  • エファージュは年齢肌の悩みを希望に変える基礎化粧品エファージュは年齢肌の悩みを希望に変える基礎化粧品
    サントリーのエファージュは40代、50代からぐっと増えてくる年齢肌の悩みを解消するために作られた基礎化粧品で、クレンジング、洗顔料、保湿化粧水、美容液、保湿クリーム、化粧下地で気になる年齢肌をフォローアップしてくれます。
  • 基礎化粧品の年代別おすすめランキング!基礎化粧品の年代別おすすめランキング!
    基礎化粧品選びは、肌質はもちろんですが、年齢によっても異なってきます。年代ごとにお手入れのどのあたりを重視して基礎化粧品が提供されているかを知ることも、化粧品選びには重要です。