TOPコスメニキビケア > 背中ニキビ

大人ニキビは神出鬼没。やっかいな背中のニキビ

パーティや友人の披露宴などに出掛けようと華やかなドレスを身に着けてみたら、背中にニキビを発見!なんてこと、経験ありませんか?

背中は顔のニキビのように、でき初めの時点で発見することが難しいため、気付いた時にはぽっこりふくらんで、赤みを帯びてしまっているなど、隠しようのない状態になっていることが多いです。

できてしまった背中のニキビケアも大変ですよね。

手が届きにくいし、洋服を着て隠れてしまうため湿度・温度が高くなりがちです。夏にかけて背中ニキビができてしまうと、顔のニキビケアの数倍は手間がかかってしまいます。

さて、この背中ニキビ。なぜできるかご存じですか?

背中ニキビの原因

背中にできるニキビのことが背中ニキビですが、肩甲骨の間を中心にできるニキビで、遺伝によるものもありますが、多くは、汗やシャンプーなどの後天的な原因で、ニキビできるケースが多いようです。

顔にできるニキビと基本的には同じものですが、場所が背中ですので、ニキビケアの方法は異なってきます。

ニキビの原因となるのはアクネ菌です。皮脂を栄養にして繁殖するため、よく洗って皮脂汚れを残さないニキビケアが有効です。

さて、背中ニキビの原因ですが、髪が長い方の場合は、シャンプーのすすぎ残しが原因になっている可能性があります。

シャンプーやリンス、石鹸などの洗い残しが、毛穴につまることでも、同様の症状になります。ニキビケアのつもりで洗ったのに、ニキビの原因になっては元も子もありません。お風呂の後はしっかりと流し落とすことを、心がけてください。

また、汗かきの人は、汗にも注意が必要です。

夏場にシャツが湿るほど、汗をかいた記憶はありませんか?

背中は汗をかきやすく、手足の10倍の量とも言われます。この大量の汗を放置しておくと、毛穴に皮脂汚れが残やすく、アクネ菌繁殖の条件がそろいます。

背中を清潔に保つことが、一番のニキビケアです。お風呂でしっかりと背中を洗い、常に清潔な衣服を着ることで、アクネ菌の繁殖を抑えられます。

髪だけでなく背中のすすぎを徹底するのはもちろんですが、お風呂上がりなどにはニキビケア用のローションを使ってたっぷり保湿するのも忘れないようにしてください。

なお、清潔を意識しすぎて、過剰に洗うのは考えものです。必要な皮脂が取れすぎることで、肌が乾燥し、ニキビにつながるケースもあります。何事もほどほどが肝心です。

敏感肌の方の場合、ナイロンなどの下着が肌に合わず、そのストレスからニキビができてしまうと言う場合もあるそうです。下着等、背中にふれるものの素材に気を配ったり、衣類を洗濯する際の洗剤の成分に気をつけたりするのも大切なニキビケアと言えそうですね。

何より、不規則な生活やストレス、偏った食生活が大人ニキビの最大の原因ですから、それらを改善する所からニキビケアが始まります。背中ニキビは一度できるとやっかいですから、早めのケアを心がけて下さいね。

2016/05/13 12:30:28

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます。