TOPコスメ > 洗顔石鹸

洗顔石鹸

洗顔石鹸というのは、その言葉通り、顔を洗うために使用する石鹸のことです。

そもそも石鹸というのは、動植物の油脂が原料となっている脂肪酸ナトリウム、もしくは脂肪酸カリウムのことをいいます。この2つの成分は界面活性剤そのものなので、あらゆる汚れを落とすことができるのですが、動植物油脂以外の原料を違えることで用途別…それこそ洗顔用、薬用、洗濯用…に分けられている他、固形・液体・粉末…と形状も複数存在します。このよく見聞きする界面活性剤というのは、2つの性質が異なった物質の境界面である界面に働きかけ、その界面の性質を変化させる物質のことを言います。2つが混じりあわない物質である場合、その境には必ず界面が存在します。水と油だと判りやすいですよね。水と油の境界線であり、2つの物質が触れている面が界面で、当然、この2つが混ざり合うことはありません。

界面活性剤は、この界面に作用して別の性質変化させるため、水と油に界面活性剤を加えると、水と油が混ざり合うようになる…ということになります。そして、この界面活性剤というのは、洗剤などでよく利用されます。例えば洗濯機の中には、水と空気、水と汚れ、水と衣類、衣類と汚れ…と様々な界面が存在しますが、これら全ての界面に働きかけ、最終的には汚れを落とす…ということですね。通常、水と油が混じり合うことはありませんが、石鹸を使うことで水と油が溶け合うことで油(汚れ)を簡単に落とすことができるようになるのです。だから、脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウム=石鹸…というわけなんですね。

界面活性剤と呼ばれる成分は多く存在し、なかには天然の界面活性剤もあります。レシチンやサポニンはその代表的なものであり、卵黄レシチンはマヨネーズを作る際に使用することでも知られています。食品として認可されている界面活性剤もあるんですね。しかし、界面活性剤は、洗濯洗剤や柔軟剤、台所洗剤の他、クレンジング・洗顔石鹸/洗顔フォーム・化粧水・乳液・クリームなどの基礎化粧品、シャンプー・リンス・メイクアップ化粧品・ボディソープ・ボディミルクにも、界面活性剤は含まれていますが、そのほとんどが、化学的に合成された合成界面活性剤です。定義としては、脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムを原料としているものを石鹸と呼び、それ以外は合成界面活性剤となります。合成界面活性剤は、その種類によっては人体に悪影響を及ぼしてしまうので注意が必要です。たんぱく質を溶かしてしまう性質があり、肌の表面にある角質を健康に維持するのを邪魔してしまいます。

また、水分を閉じ込めてしまうため、肌のバリアが脂質分を失ってしまうため、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。この合成界面活性剤にも様々な種類があり、その成分ごとに身体へ与える悪影響度も異なります。できる限り、合成界面活性剤が含まれている商品を使わないことが大切なのですが、しかし一切使わないというのも無理な話です。ですから大事なことは、なるべく合成界面活性剤を使用していない商品を選ぶこと、そして合成界面活性剤の成分をしっかり把握して、特に身体に悪影響を与える成分のものは使用しない…ということです。合成界面活性剤のなかでも、例えば乳化剤として使用されるPCAオレイン酸グリセリルやイソステアラミド、陽イオン界面活性剤である塩化メチルロザニリンなど多く存在しますし、現在はインターネットで検索すれば、それら一覧表を簡単に見つけることができます。

これは洗顔石鹸でも同様です。ここ数年、洗浄力の強さよりも肌に悪影響を与えない洗顔石鹸を好む方が増えており、それに伴って、天然オリーブ油等の動植物や、カミツレエキス・パーム等の植物由来成分を原料とした洗顔石鹸など、肌に優しい洗顔石鹸の販売も増えています。洗顔もスキンケアの1つ…というか、スキンケアのなかでも基本中の基本です。汚れをしっかり落として、次の工程である化粧水を浸透しやすくするために洗顔を行うのに、肌トラブルを引き起こしたのでは意味がありませんからね。

洗顔石鹸の種類

ひとくちに洗顔石鹸といっても、その種類が複数存在します。代表的なものとしては、無添加洗顔石鹸・美白洗顔石鹸・毛穴用洗顔石鹸・乾燥肌用洗顔石鹸・ニキビ用洗顔石鹸でしょうか。無添加洗顔石鹸は、添加物が入っていない洗顔石鹸…ということになりますが、無添加という言葉だけで良いイメージを思わず抱いてしまう方が多いと思います。しかし、無添加洗顔石鹸でも、どの成分が含まれておらず、そしてそれによってどういった利点があるのか…等を把握していない方も多いですよね。洗顔石鹸には成分表が表示されていますので、その成分表をしっかり確認してから購入するようにして下さい。

美白洗顔石鹸は、肌を白くさせる効果を持った洗顔石鹸のことです。昔、ガングロと呼ばれ、肌を必要以上に焼くことが流行りましたが、ここ数年はずっと美白=美肌という認識となり、美白を目指す女性が増えています。…今思うと、あのガングロブームはなんだったんだろう…と思ってしまいますが、あのブームで肌を傷めてしまった方も多いのではないでしょうか。美白洗顔石鹸といっても、使用してすぐに肌が白くなるわけではありません。肌を白くする効果を持つ美白成分を多く含んだ石鹸が美白洗顔石鹸ということになります。美白成分の代表的なものはビタミンCです。洗顔石鹸だけでなく、化粧水や美容液などのスキンケア化粧品にも、ビタミンCを配合しているものが多いですよね。また、牛乳や豆乳が配合されている洗顔石鹸も、美白効果があります。これらは、美白効果だけでなく、保湿効果もありますので、乾燥肌で悩んでいる方にはピッタリですよ。特に、大豆に含まれているイソフラボンは、美白作用・保湿性に優れており、美肌効果も認められています。大豆イソフラボンが含まれた化粧水や乳液も多く販売されていますが、もちろん大豆イソフラボンが配合された洗顔石鹸でも、その効果を発揮してくれますよ。

毛穴用洗顔石鹸は、毛穴に詰まっている皮脂や汚れなどをしっかり除去する効果に特化した洗顔石鹸です。配合されている成分は、洗顔石鹸によって異なりますが、しかし共通して言えるんは、モチモチとした弾力と吸着力のある泡を作ることができる石鹸は、毛穴のケアに適していますよ。強くこすらずとも(強くこすっても毛穴の奥の汚れを取ることはできませんが)、きめ細かなな弾力性のある泡の力により、毛穴の奥の汚れをしっかりと除去することができる洗顔石鹸がオススメです。この時、定期的に洗顔前に蒸しタオルを顔に当てておくと、毛穴が開いた状態で洗顔することができますから、より効果的に毛穴をキレイにすることができますよ。また、汚れをしっかり取り除いた後、毛穴を引き締める効果を持つ酵素を含んだものがオススメですよ。

乾燥肌用洗顔石鹸は、肌の乾燥を防ぐ効果が高い洗顔石鹸のことを言います。肌に水分が足りていない状態、または皮脂が足りていない状態というのは、肌トラブルを引き起こしたり、また肌を老化させる原因となってしまいます。皮脂というと、肌のためには良くないものと思われがちですが、確かに過剰な皮脂は肌トラブルの原因になりかねませんが、適度な皮脂というのは肌にとっては必要なのですね。

皮脂量を一定に保つことができる、そして肌に潤いを与える成分が配合された洗顔石鹸がオススメです。保湿成分も多く存在しますが、先ほども挙げた大豆イソフラボンや、ローヤルゼリーエキス・アロエエキス・コラーゲンの他、天然はちみつ・オリーブ油・パーム油・ホホバ油・ローズヒップ油…などが配合された洗顔石鹸は比較的多く存在しますから、成分表や、各商品のホームページなどで確認してみてはいかがでしょうか。

ニキビ用洗顔石鹸というのは、一般的には、肌への刺激が少ない成分が配合された洗顔石鹸であり、また過剰な皮脂を取り除くことができる洗顔石鹸であることが多いです。ニキビにも、10代の思春期にできるニキビと、大人になってからできる大人ニキビとでは、その原因もケアの仕方も異なるのですが、どちらにしてもニキビができている肌というのはデリケートです。ちょっとした肌への刺激が悪化させる原因となりますので、低刺激の洗顔石鹸を選んで下さい。無香料・無着色であることも大切ですよね。また、ピーリング効果のある洗顔石鹸なども、ニキビケアには有効です。ピーリングというのは、古い角質を排除し、肌の新陳代謝を促す効果のあるケアのことで、そのピーリングを行う石鹸というのも存在しています。ピーリング効果のある洗顔石鹸は、通常の洗顔石鹸では取り除くことが難しいとされるアクネ菌やブドウ菌(ニキビの原因となる菌)を取り除きやすくなっており、ニキビ改善・にきび予防にピッタリですよ。ただし、ピーリングは、現在ニキビが出来ている方や、ニキビ痕が気になる方にはピッタリなのですが、肌に必要な皮脂などの成分も洗い流されてしまうため、外出前やメイク前などにピーリング石鹸を使用するのは避けて下さい。いわば肌が剥き出しの状態になっているのと同じですから、紫外線からの影響を過剰に受けてしまうことになります。

洗顔石鹸を選ぶポイント

洗顔石鹸は、本当に数え切れないほどの種類があります。そのなかから、自分が使う洗顔石鹸を探すのは、大変ですよね。複数をピックアップして、そのなかから選ぶにしても、そのピックアップすることさえも大変だったりします。

自分にあった洗顔石鹸を選ぶポイントとしては、まず、自分の肌タイプにあった洗顔石鹸を選ぶことです。乾燥肌なのか、混合肌なのか、脂性肌なのか、普通肌なのか、敏感肌なのか。

例えば、脂性肌ならば、ニキビや吹き出物などの肌トラブルになりがちですから、しっかりと余分な皮脂を取り除くことができる洗顔石鹸でなければなりません。逆に、乾燥肌の場合は、しっかりと保湿もできる洗顔石鹸が良いですよね。

化粧水や美容液などで、洗顔後にしっかり潤いを与えるとはいえ、乾燥肌はシワ・小じわ・ほうれい線・しみ・そばかす…などの原因になりますから、洗顔時から気遣う必要があるのです。

また、洗顔石鹸というのは、基本的に肌に優しく、刺激の少ないものがほとんどですが、それでも確実に低刺激な洗顔石鹸のを選ぶようにした方が良いです。

さきほど、脂性肌ならば余分な皮脂をしっかり落とせる洗顔石鹸のが良い…と挙げましたが、確かに洗浄力は重要ではあるものの、もしその肌にニキビが出来ているようであれば、刺激を与えてしまうのは禁物となります。

同じ植物油でも、オリーブ油が原料となっている場合は乾燥肌にピッタリですし、パーム油やココナッツ油であれば脂性肌にピッタリです。

もし、自分の肌タイプがどういったものなのか把握できていない場合は、デパートやドラッグストアの化粧品カウンターなどで肌診断を行っているところもありますから、そういった場所で調べてみてはいかがでしょうか。もしかしたら、診断後に自分の肌にあった洗顔石鹸などの試供品がもらえるかもしれませんよ。

そして、洗顔石鹸の種類が豊富であれば、その価格にもかなり差があります。価格が高ければ良い、価格が安ければあまり効果はない…というものでもありません。

ただ、できる限り、肌に刺激の少ない洗顔石鹸のを選ぶことが大切ですので、そう考えると、天然由来成分が配合されている洗顔石鹸が良いんですよね。

しかし、天然由来成分が配合された洗顔石鹸は、どうしても価格が高くなってしまいます。もしかしたら、それが、天然由来成分=肌に良い=高いということから、肌に良い洗顔石鹸=価格が高いというイメージがあるのかもしれません。

価格が高いから大丈夫…というのではなく、成分表をしっかり確認することが大切ですし、価格が安くても肌に優しく、有効な効果が得られる洗顔石鹸も多くあります。予算があるかと思いますが、その予算内で、しかしあまり価格に左右されずに、洗顔石鹸に配合されている成分を重視して選ぶことが大切です。

2016/05/13 9:48:58

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます。